第2番 紀三井山 金剛法寺(紀三井寺)




西国三十三所の第2番札所となる紀三井山 金剛法寺(紀三井寺)。
正式名称は金剛宝寺護国院、宗教法人としての公称は護国院です。
一般的には紀三井寺の名称の方がなじみがあるでしょう。

宝亀元年(770)、唐僧・為光上人により開基されました。


Sponsored Link



室町時代に再建された桜門から本堂付近にある六角堂まで、
231段の急な石段「結縁坂」が続いています。

この結縁坂は、母を背負って参詣に来た紀国屋文左衛門が、ここで草履の鼻緒を切ってしまい困っていたところを、玉津島神社宮司の娘が助けたことが縁で結ばれ、宮司が出資したみかん船で紀国屋文左衛門が大儲けしたという逸話があります。
そのため、結縁坂は良縁成就や商売繁盛のご利益があるとされています。

西国三十三所でもここまで急な石段は珍しいですが、こちらを登りきった先にある景色は絶景です。


有名な楼門は重要文化財にも指定されています。
紀三井寺 桜門と石段

紀三井寺 桜門と石段

境内は桜の名所としても知られており、春の巡礼者を迎えてくれます。
9割以上がソメイヨシノで、やや遅咲きのヒガンザクラ、早咲きのトウカイザクラ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど種類も豊富。その数は実に1500本に達しており、日本さくら名所100選にも選ばれています。

本堂と向かい合って立っている仏殿・大光明殿には、高さ12メートルの巨大な大千手十一面観音菩薩像が安置されており、除病、滅罪、求福に信仰がある。尚、大光明殿は50年に一度の開扉となっており、
大千手十一面観音菩薩像をその目で拝める日は一生に一度しかチャンスはないでしょう。

ご本尊の他、四躰の仏像が重要文化財に指定されています。





ご詠歌

ふるさとを はつばるここに きみいでら
はなのみやこも ちかくなるらん



和歌山県紀三井寺長1201

住所 和歌山県紀三井寺長1201
TEL 073-444-1002
拝観時間 8:00~17:00
山号 紀三井山
宗旨 救世観音宗
文化財 楼門・鐘楼・木造千手観音立像ほか
入館料 無料
 

主な年間行事

  • 1月18日 – 初観音
  • 4月第1土曜 – 文塚(迷子郵便)供養
  • 4月18日 – 春会式
  • 7月7日 – 七夕祇園まつり
  • 8月9日 – 千日詣
  • 8月15日 – 灯篭供養
  • 11月13日 – 開山忌
  • 12月18日 – しまい観音
 
西国三十三所,西国33,西国三十三カ所  第2番 紀三井山 金剛法寺(紀三井寺)-札所説明
西国三十三,西国33,西国三十三所  第2番 紀三井山 金剛法寺(紀三井寺)-アクセス
西国三十三,西国33,西国三十三所  第2番 紀三井山 金剛法寺(紀三井寺)-御朱印
西国三十三,西国33,西国三十三所  第2番 紀三井山 金剛法寺(紀三井寺)-周辺のおすすめスポット



西国三十三所 前の札所
西国三十三所 次の札所