第20番 西山 善峯寺


西国三十三所,善峯寺,第二十番札所

西国三十三所の第20番札所となる西山 善峯寺。

長元2年(1029年)、創建。
天台宗の僧侶である源算上人が十一面千手観世音菩薩を祀ったのが始まりと言われています。
嵐山から天王山にかけて連なる峰々を今日では西山と呼びます。
この西山の中腹、標高300mに善峯寺は立地しています。

Sponsored Link


鎌倉時代には隆盛を誇っており、後に天皇の勅願所となりました。
朝廷の厚い庇護のもとで寺観を整えていきましたが、応仁の乱で焼失してしまいました。
現在の諸堂の大半は、幼少時の参拝に訪れていた徳川綱吉の実母、桂昌院が江戸時代に再建しています。


薬師堂は境内のもっとも高い場所にあり、寺一番の眺めを楽しむことができます。
薬師堂は元禄14年(1701年)に再建されました。
中には桂昌院の両親が祈願したという薬師如来が祀られています。

西国三十三所,善峯寺,第二十番札所,西山


善峯寺で最も有名なのが、樹齢600年といわれる五葉松の「遊龍の松」は、左右約40mの幅いっぱいに枝を広げており、今もなお成長しています。
この松は、高さ2mあまりですが、左右にのびた枝がまるで龍が天空に遊ぶような趣があります。
これがまさに、別名「松の寺」と呼ばれるゆえんとなっています。

西国三十三所,善峯寺,第二十番札所3


境内には春の桜に始まり、ヒラドツツジ、サツキ、奥の院のアジサイ、秋明菊、冬にはサザンカ、椿など四季折々の花を楽しむことができます。秋の紅葉も美しい。

観音堂(本堂)は元禄5年(1692年)に再建されています。
本尊に祀られている仁弘法師作の千手観世音菩薩は毎月第2日曜日に開帳されます。
千手観世音菩薩の傍には源算上人作の十一面千手観世音菩薩が脇侍として安置されています。

釈迦堂の石仏釈迦如来も源算上人作。



西国三十三所,善峯寺,第二十番札所,幸福地蔵





ご詠歌

のをもすぎ やまぢにむかふ あめのそら 
よしみねよりも はるるゆふだち



京都府京都市西京区大原野小塩町1372

住所 京都府京都市西京区大原野小塩町1372
TEL 075-331-0020
拝観時間 8:00~17:00
山号 西山
宗旨 善峰観音宗(天台宗系単立)
文化財 多宝塔、絹本著色大元帥明王像(重要文化財)
入館料 大人500円/高校生300円/小・中学生200円

西国三十三所,西国33,西国三十三カ所  第20番 西山 善峯寺-札所説明
西国三十三,西国33,西国三十三所  第20番 西山 善峯寺-アクセス
西国三十三,西国33,西国三十三所  第20番 西山 善峯寺-御朱印
西国三十三,西国33,西国三十三所  第20番 西山 善峯寺-おすすめスポット


西国三十三所 前の札所
西国三十三所 次の札所