第1番 那智山 青岸渡寺



西国三十三所の第1番札所となる那智山 青岸渡寺。
開祖・裸形上人は那智の滝で観音菩薩を感得した後、
この地に庵を結んだと言われています。
後に生仏上人が如意輪観世音を安置して本尊したと言われています。

 

西国三十三所観音霊場の祖である花山法皇も同様に、
那智の滝で修業を行った後、この場所から巡礼の旅に出たそうです。

こうして始まった旅が現在の西国三十三所の始まりとなっています。

これに習って青岸渡寺から西国三十三所めぐりの巡礼を始める方も多いです。

通常は500段あまりある急な石段を登って本堂へ参るのですが、足の弱い巡拝者は防災道路(女人坂)を歩くこともできます。
石段を登る方は杖を借りるのも良い。

青岸渡寺 本堂

本堂は天正18年(1590年)の建立で重要文化財となっており、
平成16年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されました。
奥には高さ3メートルもあるご本尊を祀っていますが普段は拝観できません。

青岸渡寺,那智の滝

境内から見渡せる那智の滝(長さ130メートル)は日本一と言われるにふさわしく、壮観な眺めです。

境内には尊勝院という宿坊があり、予約をすれば100人ほど泊まることができます。

夕食は那智山の本格的な精進料理を食すことができ、味も美味しいと評判です。

ご詠歌

ふだらくや きしうつなみは みくまのの
なちのおやまに ひびくたきつせ

 

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8

住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8
TEL 0735-55-0001
拝観時間 5:00~16:30
山号 那智山
宗旨 天台宗
文化財 本堂、宝篋印塔、那智山経塚出土品8点、熊野三山
入館料 無料
 

主な年間行事

  • 2月  節分の日 – 秘仏本尊開扉
  • 4月  2日曜 – 開山祭
  • 11月 第1日曜 – 大黒天七福神祭
 
西国三十三所,西国33,西国三十三カ所  第1番 那智山 青岸渡寺-札所説明
西国三十三,西国33,西国三十三所  第1番 那智山 青岸渡寺-アクセス
西国三十三,西国33,西国三十三所  第1番 那智山 青岸渡寺-御朱印
西国三十三,西国33,西国三十三所  第1番 那智山 青岸渡寺-おすすめスポット
西国三十三,西国33,西国三十三所  第1番 那智山 青岸渡寺-巡礼旅行




next