西国三十三所 第六番 南法華寺(壺阪寺) 周辺のおススメ観光地をご紹介します。
葛井寺に行って、御朱印だけして帰るのはもったいない。
色々観光して食べて遊んで楽しみましょう。


Sponsored Link



高取城跡

住所:奈良県高市郡高取町高取   TEL:-
アクセス:近鉄壺阪山駅からバスで(壷阪寺前行バス終点下車)
壷阪寺前から徒歩
奈良県高市郡高取町高取

西国三十三所,南法華寺,壺阪寺,第六番札所,高取城跡

高取城は奈良県高市郡高取町高取にあった日本の城であす。別名、高取山城。
江戸時代は高取藩の藩庁でした。国の史跡に指定されています。
殆どの建物は失われたが、遺構は人里離れた山頂にあることが幸いし、人為的に崩壊することなくほぼ完全な状態をとどめています。
しかし、樹木が生長し根が張り出したり、維持管理や補修が充分でない事から石垣の形が崩れたり崩落の危険がある箇所もあるので注意が必要。





キトラ古墳

住所:奈良県高市郡明日香村   TEL:-
アクセス:近鉄飛鳥駅から徒歩 約25分
奈良県高市郡明日香村

西国三十三所,南法華寺,壺阪寺,第六番札所,キトラ古墳

キトラ古墳は奈良県高市郡明日香村の南西部、阿部山に築かれた古墳です。
亀虎古墳とも書く。墳丘にある石室内に壁画が発見され高松塚古墳と共に保存事業が進められています。

上段が直径9.4m、高さ2.4m、テラス状の下段が直径13.8m、高さ90cmの二段築成作りの円墳となっています。

誰が埋葬されているかは未だ判然としていません。年代などから、天武天皇の皇子、もしくは側近の高官の可能性が高いと見られています。
また、金象眼が出土したことから、銀装の金具が出土した高松塚古墳の埋葬者よりも身分や地位の低い人物が埋葬されていると推測されています。

西国三十三所,西国33,西国三十三カ所  第6番 壺阪山 南法華寺(壺阪寺) -札所説明
西国三十三,西国33,西国三十三所  第6番 壺阪山 南法華寺(壺阪寺) -アクセス
西国三十三,西国33,西国三十三所  第6番 壺阪山 南法華寺(壺阪寺) -御朱印
西国三十三,西国33,西国三十三所  第6番 壺阪山 南法華寺(壺阪寺) -おすすめスポット


西国三十三所 前の札所
西国三十三所 次の札所