第21番 菩提山 穴太寺


西国三十三所,穴太寺,第二十一番札所

西国三十三所の第21番札所となる菩提山 穴太寺。
宗派は天台宗、本尊は薬師如来。
慶雲2年(705年)、文武天皇の勅願により大伴古麿により創建されました。

Sponsored Link



札所本尊の聖観世音菩薩は秘仏で33年に一度の開扉です。
身代わり観音とも言われる聖観世音菩薩は、平安時代に土地の郡司・宇治宮成が仏師・感世に謝礼として渡した愛馬を取り戻そうと命を狙った際、聖観音が感世の代わりに矢を受けて彼の命を救い、同時の郡司が罪人になることも防いだという逸話が由来となっています。

穴太寺のこの逸話が『今昔物語集』に取り上げられていることから、平安時代末期には観音霊場として当寺が知られていたことがわかります。

また、寺の本尊は薬師如来で、こちらは完全秘仏です。
安寿と房子王丸の伝説の残る房子王丸肌守御本尊も祀られています。


山門を抜けて本堂をへ進みます。

西国三十三所,穴太寺,第二十一番札所3


本堂や諸堂は大きく立派ながらもどこか素朴な味わいがあります。
病気平癒の「なで仏」の釈迦如来涅槃像は寝転がる恰好で、そのお顔も安らかな表情をしておられます。
今までに数えきれないほどの参拝客になでられたそのお身体は全身がつやつやと黒光りし、お釈迦様の表情をより穏やかに見せています。

西国三十三所,穴太寺,第二十一番札所,なで仏


格天井に描かれた狩野派の花鳥図は、さるかに合戦などの昔話や動物をモチーフにしてあります。
訪れた際は、是非天井も見上げて、その図を眺めてほしい。

鐘楼は京都府登録文化財となっています。

西国三十三所,穴太寺,第二十一番札所4


本堂左手にある本坊の書院から築山式の庭園を眺めれば、池の中でゆらゆらと揺れる多宝塔が写ります。
時がまろやかに過ぎる境内に立ち、いつまでも人々にとって身近な存在であり続けてくれるようにと祈らずにはいられないお寺です。





ご詠歌

かかるよに うまれあふみの あなうやと 
おもはでたのめ とこゑひとこゑ



京都府亀岡市曽我部町穴太東辻46

住所 京都府亀岡市曽我部町穴太東辻46
TEL 0771-24-0809
拝観時間 8:00~16:30
山号 菩提山
宗旨 天台宗
文化財 木造聖観音立像(重要文化財)
本堂・多宝塔ほか(府文化財)
庭園(府名勝)
伽藍(市文化財)
入館料 入山料なし。本堂300円・庭園300円、本堂&庭園500円


西国三十三所,西国33,西国三十三カ所  第21番 菩提山 穴太寺-札所説明
西国三十三,西国33,西国三十三所  第21番 菩提山 穴太寺-アクセス
西国三十三,西国33,西国三十三所  第21番 菩提山 穴太寺-御朱印
西国三十三,西国33,西国三十三所  第21番 菩提山 穴太寺-おすすめスポット


西国三十三所 前の札所
西国三十三所 次の札所