第13番 石光山 石山寺


西国三十三所,石山寺,第十三番札所

西国三十三所の第13番札所となる石光山 石山寺。

石山寺は天平19年(747年)、聖武天皇の勅願により、良弁(ろうべん)僧正により開基されました。(良弁は奈良東大寺の創健者としても有名です。)

Sponsored Link


紫式部が石山寺に籠り、金勝山からのぞく名月を見て「源治物語」の須磨・明石の巻を著したことで有名となっています。
春・秋には豊浄殿で「石山寺と紫式部」展が開催されています。

同様に、「枕草子」「更科日記」「大和物語」など、その他の平安文学にも石山寺はしばしば登場しています。

石山寺は安産・縁結び・厄除けのご利益で有名なため、特に女性に人気となっています。


仁王像が出迎えてくれる東大門は重要文化財に指定されています。
西国三十三所,石山寺,第十三番札所,仁王像

大きな杉の木陰を抜けて急な石段が続きます。
ベビーカーは登れませんので、入山料を支払う料金所で預かってもらうと良いでしょう。
西国三十三所,石山寺,第十三番札所,石段

石段を登ると、天然記念物の硅灰石の岩塊があり、一帯が石の里よ呼ばれる所以となっています。
また、寺全体が大きな岩の上に建つ霊山のため、境内中央にせり出した硅灰石は、近年ではパワースポットとして人気となっています。
西国三十三所,石山寺,第十三番札所,硅灰石多宝塔



本堂にある本堂大提灯は存在感があります。
西国三十三所,石山寺,第十三番札所,本堂大提灯

本堂内陣には秘仏の如意輪観世音菩薩坐像が安置されています。
まぶたを半眼し、肉付きの良いお顔には気高さを感じさせていただけます。
尚、次の開扉は2024年の予定となっています。


四季折々の花や近江八景「石山の秋月」のような叙情豊かな景観は参拝客の目を楽しませてくれます。





ご詠歌

のちのよを ねがふこころは かろくとも
ほとけのちかひ おもきいしやま



滋賀県大津市石山寺1-1-1

住所 滋賀県大津市石山寺1-1-1
TEL 077-537-1105
拝観時間 8:00~16:30
山号 石光山
宗旨 東寺真言宗
文化財 本堂、多宝塔、釈摩訶衍論他9件(国宝)
東大門、鐘楼他(重要文化財)
珪灰石(国の天然記念物)
入山料 500円(内陣拝観料300円)


西国三十三所,西国33,西国三十三カ所  第13番 石光山 石山寺-札所説明
西国三十三,西国33,西国三十三所  第13番 石光山 石山寺-アクセス
西国三十三,西国33,西国三十三所  第13番 石光山 石山寺-御朱印
西国三十三,西国33,西国三十三所  第13番 石光山 石山寺-おすすめスポット


西国三十三所 前の札所
西国三十三所 次の札所