西国三十三所めぐり 第一番札所の青岸渡寺。

場所は那智山と近畿地方でも日帰りで行くにはちょっとしんどい場所にあります。

というわけで、青岸渡寺にはお泊り旅行!
ということで数か月前から宿を予約し、巡礼旅行となりました。


Sponsored Link



それにしてもやはり青岸渡寺は遠いです。

近畿自動車道 紀勢線がすさみ南ICまで開通したことにより、車での移動が随分と速くなりました。
高速道路が無ければ海岸沿いの下道道路を延々と走る必要がありますからね。


決めたお宿は「勝浦温泉 ホテルなぎさや」
〒649-5336 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字湯川955番地の1
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字湯川955番地の1

青岸渡寺から車で20分くらいの丁度いい距離感のホテルです。

こちらのホテル。値段はJTBで家族4人(大人二人、子供B2人)で一泊2食ついて29000円程でした。
会社の補助金が14000円出たので実際15000円。とってもお得です。
お食事は夕食・朝食ともにレストラン食で、量もお味もそこそこでした。

那智勝浦 なぎさや 料理

温泉には小さい水族館が備えられていて小さいお子様は喜びますよ。


初日はホテルでゆっくりと休んで翌日は朝から西国三十三所 第一番札所 青岸渡寺へ。
午前中の9時半くらいにもかかわらず、駐車場はどこも車でいっぱいです。
なんとか有料駐車場に停めて目指すは青岸渡寺へ。

那智山 階段
那智山 青岸渡寺に行くには長い階段を上る必要があります。
ちなみに158段あるそうです。
杖があったらもっと楽に登れますね。


那智山 青岸渡寺
青岸渡寺はすでに多くの人が訪れていました。さすが観光名所。

青岸渡寺 世界遺産
世界遺産にも認定されました。

青岸渡寺 五重塔と那智滝

青岸渡寺に来たらこれを見ないといけません。
五重の塔と那智の滝です。
この遠さでも那智の滝が良く見えます。


熊野那智大社
こちらも有名な熊野那智大社の鳥居です。
ここをくぐらないと来た意味がありませんね。


那智の滝

そして那智の滝です。
滝壺までの落差は133メートル!
近くでみると大迫力です。
一段の滝としては落差日本1位。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられている名所です。





そして青岸渡寺・熊野那智大社・那智滝の観光が終わったら、目指すは和歌山 白浜アドベンチャーワールドへ!
青岸渡寺からアドベンチャーワールドまでは車で1時間ちょっとかかります。
その通り道で橋杭岩(はしぐいいわ)へ。
橋杭岩
橋杭岩を通して見る朝日はとても美しいと評判で日本の朝日百選の認定も受けています。
干潮時には岩の列中ほどに附属する弁天島まで歩いて渡ることができますので、タイミングが合えば行ってみたいですね。


そして到着アドベンチャーワールド。
子連れのアミューズメントといえばアドベンチャーワールドですよね。
和歌山 アドベンチャーワールド
アドベンチャーワールドと言えばパンダですよね。

2014年12月2日 に生まれた桜浜・桃浜(おうひん・とうひん)が現在の見どころです。
約1時間待ちでようやく見ることが出来ましたが、タイミングが悪くお昼寝タイムでした。
それでも可愛いパンダが見られて良かったです。


ペンギン館にはペンギンがいっぱい!
エンペラーペンギン、めちゃでかい!
エンペラーペンギン
ちなみにマイブームの漫画が「エンペラーといっしょ」です。
ある日冷蔵庫から出てきたのは、ペンギン界の王・皇帝ペンギンだった!?
エンペラーといっしょ
ほのぼのとした漫画で面白いですよ。


アドベンチャーワールドでたっぷりと動物と触れ合った後、渋滞に巻き込まれながらも家路に着きました。

西国三十三所めぐりを兼ねて観光やアミューズメントを楽しむ巡礼旅行。

是非、おススメですよ!

西国三十三所,西国33,西国三十三カ所  第1番 那智山 青岸渡寺 ~札所説明~
西国三十三,西国33,西国三十三所  第1番 那智山 青岸渡寺 ~アクセス~
西国三十三,西国33,西国三十三所  第1番 那智山 青岸渡寺 ~御朱印~
西国三十三,西国33,西国三十三所  第1番 那智山 青岸渡寺 ~おすすめスポット~
西国三十三,西国33,西国三十三所  第1番 那智山 青岸渡寺 ~巡礼旅行~



next